将来予測について

本ウェブサイトに掲載されている情報には、アルバックおよびグループ各社の業績に関する将来予測の記述が含まれております。
こうした記述は、将来の業績を保証するものではなく、リスクや不確実性を内包するものです。特に当社の主要のお客様であるディスプレイ・半導体や電子部品業界は変化するスピードが早く、必ずしも当社が期待する通りの設備投資を実施するとは限りません。また将来の業績は、経営環境や世界情勢の変化などにより、目標対比異なる可能性があることにご留意ください。
なお、本ウェブサイトで使用するデータ及び表現等の欠落・誤謬等につきましてはその責を負いかねますのでご了承ください。

有価証券取引について

本ウェブサイトは、今後の経営戦略に関する情報の提供を目的としたものであり、当社が発行する有価証券の投資勧誘を目的としたものではありません。

インサイダー取引規制について

本ウェブサイトには、金融商品取引法第166条に定められた「重要事実」に当たる情報が掲載されている場合があります。重要事実を含むニュースリリースなどをご覧になられた方が、その重要事実が金融商品取引法施行令第30条(12時間ルール)の規定に従い公開された後12時間以内に、アルバックおよびグループ会社の株式などの売買等を行った場合、いわゆるインサイダー取引規制違反として、金融商品取引法の規定に抵触するおそれがありますのでご注意ください。

なお、2004年2月1日、金融商品取引法施行令第30条(12時間ルール)が改正され、当該情報が自主規制機関のホームページに掲載された時点でインサイダー取引規制上の公表措置が完了することとなりました。したがって、適時開示規則に準拠した会社情報、および投資判断に影響を与えると当社で判断した重要な会社情報については、東京証券取引所の「TDnet 」に登録し、その後すみやかに本ウェブサイトサイトに当該情報を掲載いたします。
なお、重要情報を「TDnet」 によらず2社以上の報道機関に直接開示した場合 (TDnet」障害時または「TDnet」 を介さない公表措置の確保)には、12時間以上経過した後、本ウェブサイトに当該情報を掲載いたします。

コンテンツの著作権について

本ウェブサイトのいかなる部分も一切の権利はアルバックに帰属しており、電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製または転送等を行わないようお願いいたします。

免責事項

本ウェブサイトに掲載された情報または、本ウェブサイトを利用することで生じたいかなるトラブルおよび損失、損害に対して、アルバックは一切責任を負いません。また、予告なしに情報の掲載中止や情報の変更を行うことがありますが、これらによって生じたいかなるトラブルおよび損失、損害に対してもアルバックは一切の責任を負うものではありません。

商標について

本ウェブサイトに掲載されているトレードマークやサービスマークなどの商標は、アルバックまたはアルバックに使用を認めた権利者にその権利が属します。従って、権利者に無断で使用することはお控え下さい。

当社のIRポリシー

1.ディスクロージャーの基準
 アルバックは、金融商品取引法および東京証券取引所の定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則」(以下「適時開示規則」という)に沿って、ディスクロージャーを行っています。
 また、アルバックでは、適時開示規則に該当しない情報につきましても、投資家の需要に応えるべくできるだけ積極的かつ公平に開示する方針を持っております。

2.情報開示の方法
 適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所への事前説明の後、同取引所の提供する適時開示情報開示システム(TDnet)にて公開しています。TDnetにて公開した情報は、当ホームページに速やかに掲載することとしています。なお、PDFファイルその他ツールの準備の都合上、これら情報の本ホームページへの掲載が、TDnetにおける公開時期より大きく遅れることもあります。また、適時開示規則に該当しない情報を開示するにあたっても、適時開示の趣旨を踏まえて適切な方法によりできるだけ正確かつ公平に当該情報が一般の投資家に伝達されるよう配慮を行っております。 従って、アルバックの開示情報の確認をされたい場合には、当ホームページと共にTDnet等他の情報も合わせてご参照いただきますようお願いいたします。

3.ホームページへの掲載
 アルバックはホームページを投資家の皆様に対する重要な情報発信源のひとつと考えております。TDnetで公表した情報は、できる限り速やかに本ホームページに掲載します。また、会社説明会での発表内容等適時開示規則に該当しない情報についても、投資家の皆様の理解を助けると判断した場合はホームページに掲載してまいります。

4.将来の見通しに関して
 アルバックでは、決算短信に記載する収益予想に加えて、将来の見通しに関する情報を提供する場合があります。また、メディア、説明会、各種資料、ご挨拶、講演、質疑応答、アルバックの発行する書面、ホームページ記載内容等には、現在の計画、将来の見通し、見解、戦略などが含まれる場合があります。 何れの場合におきましても、過去の事実でないものは、一定の前提の下に作成されたその時点での将来の見通しであり、また現在入手可能な情報から得られたアルバック経営者の判断にもとづいております。
 従いまして、アルバックの業績、企業価値等を検討されるに当たりましては、これら見通しのみに全面的に依拠されることは控えて頂けるようお願い致します。 実際の業績は、さまざまな要素により、これら見通しとは大きく異なる結果となりうることをご承知おき下さい。 実際の業績に影響を与える重要な要素としては、(1)アルバックを取り巻く経済情勢、需要動向等の変化、(2)為替レート、金利等の変動、(3)エレクトロニクスビジネス分野などで顕著な急速な技術革新と継続的な新製品の導入の中で、タイムリーに設計・開発、製造・販売を続けていく能力、などです。但し、業績に影響を与えうる要素はこれらに限定されるものではありません。

5.沈黙期間について
 当社は決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算期日の翌日から決算発表日までを沈黙期間としています。この期間は、決算に関する質問への回答やコメントを差し控えることとしております。ただし、この沈黙期間中に業績予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、開示規則に従い情報開示することとしております。

6.ご利用条件その他について
 本ホームページ上でのアルバック情報の検索にあたりましては、本ディスクロージャー・ポリシーのみではなく、別途掲載している免責事項その他の注記も合わせてご参照下さい。